表現の自由

Instagramを見直した途端、ある投稿を削除されてしまいました。

沢山のいいね!やコメントもいただいたのに悲しくて、なんだか悔しくて…(:_;)
珍しくムカムカしていました。

で、この悔しいという気持ちは何なのか?と自分なりに分析してみました。

私は、自分のお人形を一度たりとも性的な目で見たことがなく(当たり前ですが)、そういう感覚で作ったこともないんですねー。
だから(人形の)裸の写真をポンポンと平気で上げている訳です。

形であったり、色であったり、それはすべて作品なんです。

今のところ作品を見てもらいたいと思うと、どうしても裸体になります。
何故なら、私が作ってるのは、洋服ではなく人形だからです。

頑張って作った洋服を見せたければ当然、洋服を着た子をアップする訳ですよね。

お願いですから、表現の自由を奪わないで欲しいです<(_ _)>

ホント頼みます~(:_;)

知り合いの写真家さんのアドバイスで、Instagramをビジネスモードというものにしてみました。

削除対策になるといいのですが…。

あ!!
でも、私の人形を性的な目で見る人がいても否定しませんし、嫌悪感は全くないんですよ♪
だって、感じ方も自由ですからね~(○´∀`○)
↑人は皆違う。これ大切。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加